事例紹介

大日精化工業株式会社 様

コンサルティング期間 2014年1月-2015年5月
オフィス対象面積 延床面積 6,222㎡ 執務エリア 399.0㎡/フロア
対象人員 約350名
コンサルティング内容 本社建て替えに伴うコンサルティング、プロジェクトマネジメント業務

経営方針とリンクした本社移転計画を構築

大日精化_図01.jpg 地球社会の美しい色彩環境づくりに貢献するとともに、環境に<責任ある配慮>を持つことで、グローバルに事業展開している大日精化工業様。新本社オフィスをワークスタイル変革の機会と捉え、経営方針の実現・達成とES(顧客満足)のさらなる維持・向上に資するオフィス環境の構築をおこないました。

大日精化_図7.jpg

 

ワーカーがより使いやすいようにスペースをカスタマイズ

オフィスを構築するにあたり、アンケート調査を行い、コンセプトの策定・入居前のオフィスの課題を明確にするとともに、ワークショップを開催して意見を抽出しました。また、部署毎に働き方を検証し、コンセプトをもとに働くシーンに合わせた什器をワーカー自身が選択。部署特有の要件をカタチにしました。


 【オフィスコンセプトを場に展開】

大日精化_図5.jpg

 【部門の働き方の特性にあわせて什器をカスタマイズ】

大日精化_図6.jpg

 

文書削減で効率化したオフィススペース

新本社では限られたオフィススペースを有効に活用することが重要な課題でした。部署の特徴にあわせて削減するために、「個人利用文書」と「部署共通文書」の削減目標を分けて設定しました。各部署の個人文書量と部署共用文書量を調査した上で、部署ごとに削減率を設定。個人文書の多い部署ほど高い削減率としました。この結果、全部署平均で約30%の削減を実現することができました。


大日精化_図8.jpg


本社建て替えにあたり、弊社ではオフィスコンセプト及びオフィス利用マニュアルの作成支援から、基本レイアウト作成、文書削減、工事請負者との工事調整、工程管理まで、プロジェクトのトータルマネジメント業務をサポートさせて頂きました。

▲トップへ戻る