事例紹介

株式会社日本能率協会マネジメントセンター 様

コンサルティング期間 2014年6月-2014年9月
オフィス対象面積 延床面積 約3,600㎡
対象人員 約330名
コンサルティング内容 オフィスコンセプト策定業務

新しいステージへの飛躍を目指してオフィスを移転

JMAM ビル外観 株式会社日本能率協会マネジメントセンター(JMAM ジェイマム)様は、手帳や出版、人材育成支援を行う教育を通じて、社会人のさらなる成長をサポートする企業です。
2015年5月、新しいステージへの飛躍を目的に、10年過ごした汐留から日本橋へ本社オフィスを移転しました。


弊社は、本社移転に伴うオフィスコンセプトの策定業務をお手伝いさせて頂きました。

 (写真)東京日本橋タワー外観(写真提供:住友不動産)

 

ワークスタイルの変革を目指したオフィスコンセプトの策定

オフィスコンセプトは、Communication、Creative、Cleanの「3C」。これを具体化するため、まず全部門の移転プロジェクトメンバーと調査を実施。「オフィス空間」と「制度面・ICT」の2方面からアプローチしました。マルチデバイスの活用も加速させながら、空間のすべてを「ワークプレイス」として有効活用できるオフィスづくりを目指しました。

JMAM_コンセプト

 (左図)各部門の業務内容・働き方と、オフィス利用に対する要件 (右図)オフィスコンセプトの策定に求められる機能の抽出

 

社内、社外ともにコミュニケーションを活性化させるオフィス

受付は個性的かつアンティークな設えで、カフェや図書館のようなイメージ。棚には同社が企画開発・販売している手帳や書籍が並べられ、来訪者が気軽に手に取ることができ「何度でも訪れたくなる」空間としました。
執務エリアは見通しが良いので、社員がオフィスをきれいに利用することにも繋がっています。また、窓側のミーティングスペースやコミュニケーションラウンジが交流を促して、部門内、また部門間のディスカッションを生み出しています。

JMAM_図3-2-1

 (写真上左)レンガ張りで落ち着いた雰囲気の受付 (写真上中)半個室タイプの席 (写真上右)カフェのようなオープンミーティング (写真下3点)執務フロア全体が見通せる。ガーデンのようなコミュニケーションラウンジは各自のデスク、モニターつきのミーティングスペースのすぐ近くにある。 (写真提供:岡村製作所)
 
 

▲トップへ戻る