事例紹介

S生命保険株式会社 様

コンサルティング期間 2015年4月-2016年8月
オフィス対象面積 延床面積 約16,000㎡
対象人員 約1,500名
コンサルティング内容 拠点統合移転に伴うプロジェクトマネジメント業務

これから10年先を見据えたオフィスをつくろう

S生命様は下記の方針を掲げ、2016年7月、大手町フィナンシャルシティグランキューブへ移転されました。

  ①堅牢性の高いビルへ入居し、オフィスインフラ強化を通じた強固なBCP体制を構築する
  ②2拠点に分散していた本社機能を集約し、部門間での連携強化・業務効率化をはかる
  ③社員のコミュニケーションを活性化する

今回エフエム・ソリューションでは、統合移転に係るプロジェクトマネジメントと建築設計監理業務を行いました。

 

ビル外観


来客エリアは曲面と白を基調として、デザインを展開。来訪者に安心感や信頼感を印象付けています。

受付

「会社に与えられるオフィス」ではなく 「自分たちが作ったオフィス」で仕事をする

執務エリアでは、セキュリティとコミュニケーションを両立させる仕掛けとして、フロアの東西に内部階段を配置し、
その周りに社員のためのサービスカウンターやミーティングブースを設置しました。

ミーティングブース

コミュニケーション活性化のため、移転プロセスの当初から3つのワーキンググループを組織し、幅広く意見集約を
行いました。
インテリアや運用についても「ディスカッション、コラボレーションし易い」等、ワーキンググループからの意見を
反映させています。

カフェ

 

 
 
 

▲トップへ戻る