コンサルティング事業

オフィススタンダードの作成

オフィスづくりにおいては、業務プロセスの見える化、施設管理の効率化といった目的からプランニングを行うことが大切になります。オフィス内の諸室や、機能といった構成要素の規模、配置を、新しいオフィスの目的に合わせて構築することで、それぞれの理由を明確に説明することが可能となります。一度、オフィスの設計ルール「スタンダード」を構築することで、その後のレイアウト変更や、拠点統合、移転の際にも、同様の基準でオフィスを構築することが出来ます。スタンダードの構築は以下のような手順となります。

スタンダード作成のメリット

  • レイアウト基準の明確化
  • 組織変更への柔軟な対応
  • 施設管理の効率化

スタンダード(例)

スタッキング

▲トップへ戻る