TOPICS

関西学院大学の古川教授が「テレワーク導入による生産性向上戦略」を上梓されました。

2015年12月08日

関西学院大学の古川靖洋教授がテレワーク導入状況に関する研究をまとめ、「テレワーク導入による生産性向上戦略」を上梓されました。


古川教授には、エフエム・ソリューションが調査・研究しております「オフィス生産性分析」のご指導をいただいています。「オフィス生産性に関する調査」については、本書「第7章 テレワークとオフィスワーカーの動機づけ」で紹介されています。

テレワーク導入による生産性向上戦略

生産性向上のためにはテレワーク環境の整備とともに、ワーカーの諸施策の実施が必要となることを、企業へのアンケート調査・分析をまじえて考察した。

 
   furukawa_telwork.jpg

 

書籍名

「テレワーク 導入による生産性向上戦略(関西学院大学研究叢書 第181編)」

著者

古川靖洋

装丁

A5判・210ページ

定価

2,700円+税

発行

 

▲トップへ戻る