事例紹介

アルプス電気株式会社 様

コンサルティング期間 2007年10月-2008年9月
オフィス対象面積 12,903m2
対象人員 572名

第24回日経ニューオフィス賞ニューオフィス推進賞,オフィスセキュリティ賞 受賞しました!

第6回日本ファシリティマネジメント大賞(JFMA賞)優秀FM賞 受賞しました!

社員自らが、手作りで、創造・運営し改善し続けることが可能な競争力があるワークプレイス

アルプス電気株式会社 様

プロジェクト体制は、様々な部門からメンバーを集めてコアメンバーを結成。社長、役員、幹部、一般社員、グループ会社の全社員と意見交換をし、課題解決に向けたゴールイメージを描きました。
「働き方の改革」「安全性の向上」「環境・地域との共生」の3つのコンセプトに基づき、経営者そして社員の思いを具現化しました。

 
働き方の改革 ● シナジー効果のあるコミュニケーションの場づくり
● あらゆる変化に対応できる仕組みづくり
● ワーカー・ホスピタリティ向上(いつでもどこでも)
安全性の向上 ● 社員・情報の安全性確保
● 独立性と協調性を両立したセキュリティ
環境・地域との共生 ● 環境配慮型オフィスへの転換
● 「大田区まちづくり」への協力と「近隣」との共栄

社員で『オフィスを良くする100のアイデア』を創出

アルプス電気株式会社 様

  • ホールの「空/満」表示システム
  • JRフック
  • 天井吊り下げフック
  • 着せ替え演台
  • デスクのスカート対策
  • 可動棚ラックのリサイクルステーション
  • 迷い子リサイクルボックス
  • 見えそうで見えない窓
  • 足元すっきりカフェカウンタ
  • フレキシブルサイン
  • どこでも転用可能チェア
  • ・・・・・・・
  • ・・・・・・・

シナジー効果のあるコミュニケーションの場づくりとあらゆる変化に対応できる仕組みづくり

フロアの中心に、垂直方向のクロスファンクショナルなコミュニケーションを誘発させる、オープン階段を設置。さらに、予期せぬ出会いをつくるために、(1)役員室を社員導線上に配置(2)社員サービスのためのコンシェルジュカウンターをフロア中央に設置(3)リサイクルステーションを1箇所に集約するなどの工夫をしています。
また、将来の組織変化や用途変化に対応するために、コアを2箇所に設けるダブルコア・オフィスを採用。且つ、職場ニーズに応じて、社員自らが、デスクレイアウトを設計・変更できるように、ワークプレイスは、建築グリッドに合せてICTインフラが構成され、キャスタ付きの家具・什器を導入しました。

case_alps_03.jpg

セキュリティポリシーは「独立性と協調性」の両立

グループ各社の独立性を確保しながら、会社間のセキュアなコミュニケーション環境を実現するため、コミュニケーション促進ゾーンとセキュリティ管理強化ゾーンを設けています。また、スマート・セキュリティカードシステムを採用し、入退室管理機能(来客を含めた全員がアンチパスバック方式)に加えて、食堂、売店等の支払をキャッシュレス化。仕事や会社生活を快適にするスマートなセキュリティカードシステムを採用しました。

アルプス電気株式会社 様

▲トップへ戻る