1. HOME
  2. 社長メッセージ

社長メッセージ

「はたらく人を幸せにする会社」をめざします

10年後には人の仕事の75%が人工知能(AI)に代替えされ、さらに2045年にはAIが人の能力を超えるとされる「シンギュラリティ」が起きるといわれています。このような技術革新が社会のあり方や、働き方を大きく変えようとしています。しかしながらこの変化を前向きに捉え、AIをむしろ有効なツールとして使いこなせば、それぞれの職域の分野で人の能力を拡張する可能性は高まるのではないでしょうか。AIに代替えさせることで、より人間本来の知的労働に専念する時間が増え、知的生産性向上につながっていくことが期待できます。さらに多様な人間同士の知的コミュニケーションの行為もAIがサポートすることで、新たな気づきや斬新なアイデアが創出されイノベーションの誘発につながっていく可能性が拡がっていくのではないでしょうか。

企業がこのような変化に対応し知的生産性を最大化していくためには、従来の働き方では到底大きな効果は期待できないと思います。これからは単に組織の仕組みや機能を見直すのではなく、"人"そのものにフォーカスし、人の能力を最大限に発揮させる働き方の実現が重要な経営課題となってきます。それらを実践していくためには、AIやIoTなどを駆使して単に生産性向上をめざすだけでなく、働く人にとって快適な環境や豊かなワークライフバランスが共存した、より人間性と多様性に富んだ働き方が必要になります。すなわち「働き方改革」の本質は働く人を尊重し、エンゲージメントを高めることにより、個人のパフォーマンスを最大化し組織力を向上することで、企業に貢献し「企業価値の向上」をめざしていくことにあると思います。

このような状況の中、経営者は経営資源で最も重要な人を最大限に活かす場として、また優秀な人材を確保するため、オフィスへの積極的な投資をしはじめています。弊社はオフィスづくりのコンサル会社として常にオフィスへの投資効果の最大化をはかるため、経営者やオフィスを使う人の目的をふまえて、人と環境との関係性を最適にデザイン·管理·運用するオフィス設計手法である「オフィスユースウェア·マネジメント」を提唱し、企業が快適なオフィス環境を永続的に維持運営できるように活動しています。

これから先も益々オフィス環境が高度·複雑化していく中で、人が常に「幸福感」を感じながら働けることがもっとも大切になってくるのではないでしょうか。弊社はwith you, for youをモットーに、「はたらく人を幸せにする会社」をめざしていきます。今後も皆様のお役にたつようさらなる研鑽に努めてまいりますので、より一層のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

株式会社エフエム・ソリューション代表取締役社長大田 友祐